お知らせ 掛軸屋.net
人生の大切な旅立ちに贈る花。卒業・退職祝い特集【日比谷花壇】
神戸クリニックコスメ・コムウィメンズパーク-ベネッセ-ニッセン
話題のフルーツ、早くも、来年用!!母の日にいかがですか?
話題の宮崎県産フルーツ!!

今年話題の宮崎県!一躍宮崎の顔となった、フルーツ『マンゴー、太陽のタマゴ』来年の春の予約です。大切な母に、ちょっと奮発して・・・届いた日には家族皆で笑顔で食べてみては?

宮崎県産に続いて・・・!

フルーツなのに『森のアイスクリーム』といわれる、沖縄県特産の『アテモヤ』糖度もフルーツの中ではNo1!今、TVなどで注目度もNo1!沖縄県特産品ですが、今、愛媛県や三重県でも作っているそうだ。こちらも、来年度の母の日にいかがですか??

2011年01月28日

ついに・・・Pate2

ここからは・・・続きです。

前を読んでいただけると、さらにわかります。

もちろん、すぐに来てくれというものだった。
主人と私はすぐに病院へ・・・義母の元には主治医が見守っていた。
横のモニターに目が行った。
何の反応もない。
でも、義母はただ眠っているようだった。

でも、主治医から30分前からこんな状態です。
もちろん、私達の目の前で瞳孔の確認をし、亡くなっていることを伝えられ
モニターの電源を落とした。
心臓マッサージは、義母の肋骨を折る心配があるということで、していないと言われた。
糖尿病から目の失明、透析に骨折・・・大腸がんと、大変な闘病生活にピリオドを打った。

義理の兄、姉も病院に来た。

ただ、本当に眠っているようで、苦しまなかったという事実。
これだけは、救いだった。

ここからは、とてつもなく大変な事となるのだった。

大腸がんの手術の事は、2010、6月の所でUPしているので気になった方は読んで見て

posted by oteru. at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに・・・Pate1

去年のGWから骨折で入院していた、義母。

その中で、大腸がんが見つかった、先生曰く進行の度合いはあけてみないと、わからないというものだった。
6月に大腸がんの切除の手術をした。
しかし、ガンは思いのほか進行していた。
肝臓に転移していたのだった。
この事実は本人には、伝えなかった。
それでも、夏には自力で立てるまで回復していた・・・・が、11月頃には主人が主治医から、そんなに時間がないと宣告された。

年も明け、看護士からお寿司が食べたいと言っていると・・・聞き、作ってくれないか?と相談があった。
よくよく相談すると、のり巻きで、細巻きでよく、きゅうりはかたいので・・・といろいろ言われ、最終的にはかんぴょうと玉子の細巻きを、乳児サイズの1センチ程度に切ったもの(直径1センチぐらい)、ものを4つ用意し持って行った。

なかなか、食事ができないと聞いていたので、心配していた。
・・・・が、目は見えなくても、匂いでわかったのか、口を開けて自分で噛んで飲み込み、4つののり巻きを食べきった。
これには、いつのお世話をしてくれている、病院関係者はびっくりしていた。
作った私自身は、もちろんうれしかった。

それから、2週間。
先週、1/22、主治医から私の携帯にコール。。。
延命措置をしないという確認の電話!
もちろん、義理の兄がそうしてくれと、言っているのであれば従うほかにはない。

ここから、私自身落ち着かなくなった。
1/24が私の息子の誕生日だったからだ。
ここまではもって欲しい・・・とせつに願った。
その当日、夕食時に『おめでとう』と祝ったものの、私はやはり気が気でなかった。
そう、元気な人間でも、飲まず食わずで1週間ともつはずもないのに・・・熱を出している義母。
体力もない状態。。。
もう、いつなにがあってもおかしくない。

やはり、1/24の夜中(正確には日付が変わり1/25)0:30頃だったでしょうか。
電話がなった。



posted by oteru. at 10:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

無事終了!

義母の手術は無事に終了しました。

麻酔が覚めかけているせいで、傷口の痛みが来ているようです。
顔をしかめっつらにしていました。
しゃべれない状態では、ありました。。。

ただ・・・・・バッド(下向き矢印)
  


転移していました。ふらふら
肝臓へ・・・・・・。
主治医の先生は、肝臓の切除は辞めたといい、体が抗がん剤治療にも耐えられないと判断しました。
残りの寿命はわかりませんが・・・・

という、事です。

お兄さんもショックだったようです。


S状結腸のがんは結構な大きさでした。
切除したものを見せてもらいましたが・・・・3/2はがん細胞で塞がっている状態です。

まぁ〜、なにはともあれ・・・・一日でも早く状態を良くして退院といきたいもんです。
posted by oteru. at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

いよいよ!

義母の手術が明後日の木曜日のPM2:00〜
となりました。

どうなるか?

まだ、わかりませんが・・・・

とりあえず、私は・・・仕事よりこちらを優先。

落ち着きましたら・・・その後の経過などもあわせてUPします。

まだ、いろんな感情が入り乱れていて・・・・私自身、心の整理などをしなくては行けないようです。(客観的に)


posted by oteru. at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

心の叫び

6月に入りましたね〜。

ここは、今日なんかは、ジメジメ曇りしています。

ここからは、ちょっと重たい話になるので、それは・・・という方はスルーしていって下さい。

5月の終わりの週だったでしょうか?主人の父が倒れてから2年を向かえるという頃、病状が良くなく・・・ということで危ない状態にまでなりました。
人の声に反応がないというのです。
呼吸もちょっと止まってたりして・・・がく〜(落胆した顔)
まぁ〜、年も年なので・・・・
ということで延命措置はしないという方向で話は進みました。

私の息子のキャンプは行けるかなぁ〜・・・
なんて思いながら時間は過ぎていき、(無事にキャンプに行けました)
すごい事に意識は戻って・・・
今では普通の病室に戻り来週あたりお風呂に入れるまでになり、ちょっと安心。
昨日も顔を見に行きましたが・・・・
ちゃんと私の声に返事をしてるれるではありませんか・・・
顔を動かせますし・・・
頷く事もできましたるんるん
これには、びっくり!!!
父の黒目に私が映っている事を確認して話しますグッド(上向き矢印)
先週まであった熱も下がりました。
こちらは、一安心です。


・・・っと、ここで話は終わりません。
ここまでは、主人の父の話でした、次は主人の母の話へ・・・

糖尿病で視力もなくなりつつある今、先月から入院していました。
一日置きに透析をしています。
転んで、骨にヒビふらふら入って・・・という事だったんです。
ところが、予定では一週間程度の入院ということだったんですが・・・・
なかなか退院出来ない。
どうしたものかと思っていましたら・・・・
血便があるという事だったんですねぇ〜。
一瞬ですが・・・嫌な病名が頭を過りましたが・・・
母が痔の手術をしてすごく痛かったというんです。
何だ〜、そうだったんだ〜。
・・・と、自分の考えを改めようと思ったんですが・・・・

私の考えてた、悪い病名みたいだと、主人から知らされた。
木曜日に担当医と話をしました。

やはり、『直腸がん』でした。
年も年なので、進行は遅いだろうとの事でした。
それでも、糖尿病もあるので、全身麻酔の手術に体が絶えられるかどうか?
腫瘍を取り除いた後の感染症のリスク、また、結腸のほうまでは内視鏡でも調べれてないそうで、実際に開いて見ないと・・・・どの程度なのかは把握できないということでした。
ただ、このままだと、後、半年以内には何かしらあるだろうということを言われました。
腫瘍はゆっくりでも大きくなっていく、従って腸閉塞だったり、貧血だったり・・・・もちろん、手術をして腫瘍をとっても、全く転移していないわけではなく・・・細胞の病理検査の結果しだいでは・・・・ということだった。

今日の午後に母に直接、手術をするか、やめて退院するか?結論をもらうつもりだ。
手術をするなら、早いほうがいいと・・・一ヶ月以内に手術をするというのだ。
担当医師も母に告知したそうだ。
だが、あまり理解していなかった。
母の意志を尊重しようということで、兄と主人の意見は決まったのだ。
こちらは、こちらでそこそこ大変だ。

さらに、だめ押し!
今まで、父や母の病院のことをお任せしていた、姉(主人の姉)の精神状態が良くない。
久しぶりに見る姉の姿にびっくり。
まるで別人。

夜中に裸足で外に出てみたり・・・
昼間もあった、裸足で川の土手に居た。
家中塩をまいたり・・・
人を寄せ付けなかったり・・・
さらに、髪の毛を自分でバッサリ。

これには、さすがに普通じゃない・・・という結論で、市役所の福祉科の方、民生委員の方、さらには、少し前には警察も見守っていたというではありませんか?
今は、この問題が一番!一人のできない。

病院に連れて行きたくても、近づけないし、話を聞いてもくれない。自分の殻に閉じこもってしまった。

それでも、昨日はお腹が空いたのがわかったのか、一度食事をし、お風呂にも入ったということだった。夜中も出ていないという。
今日は、少しだが、話ができたと、兄からメールが入った。
午後には、顔を見に行ってみようと思う。

それでも、今こういう状況で、やっと兄とこまめに連絡を取り合っている。

今は、私自身、仕事が閑散期で快く休ませてもらっているのだが・・・・いつまで続くのかわからない現状。
どうしたらいいものか???
ただ、主人だけはみんなの心配プラス私の心配をしてくれている。
娘の入院の時の私を知っているだけに、頑張りすぎるなと・・・
有り難い言葉なのだが・・・・主人の地元です。
親は本家。親戚の方も近くに居ます。私は嫁の立場ですもん、ちゃんとしないと、何言われるか・・・それも、困るじゃないですか?

はぁ〜〜〜〜〜バッド(下向き矢印)

posted by oteru. at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

実母が・・・

この忙しい時に、母が風邪をひきました。
病院病院へも、昨日行きました。
娘も、なんだか鼻声バッド(下向き矢印)。。。
私はといえば・・・・喉が痛く、薬を服用しています。
ウイルスを家中にまき散らしている母。
『マスクをしてよ!』と言っても、(うん)と頷き行動しません。
はぁ〜〜パンチ
困ったもんです。
『薬を飲むと、眠くなるもん眠い(睡眠)』ですって。で・・・コタツで寝ていては、治るものも治りません。
寝正月にでもするつもりムード?って言いたいです。
もう、クリスマスも済み・・・・・後は大掃除と正月の準備ですね〜。
2008年も残す所、後5日。
びっくりする、早さ。
子供達の冬休みの宿題もさせなくては・・・・とてんてこ舞い。
頻繁に更新できませんが、今後ともよろしくお願いします。
posted by oteru. at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

実母の風邪!

私の(胃腸)風邪?が移ったのでしょうか?
私の方は、だいぶ良くなってきました・・・・・が、実母が調子が良くないと・・・!
そう、どうやら風邪です。
朝から鼻声で、喉の状態も良くないと。
私はそこまで、いってません。
まぁ〜、病院病院へ行って・・・と言っても聞く人ではありませんので、何も言いませんが・・・・。

昨日義父の病院へも行ってきました。
特に病状に変化なし!
そう、この状態に満足している???というか、良くなろうとしていない父。
要介護認定は5です。
寝たきり、全介助です。
まぁ〜、こちらもどうしようもない。
年内は、病院にいられるみたいなんですが・・・・その後は・・・
病院からは、在宅も考えて・・・と言われているみたい。。。

もう、土曜日から冬休みの子供達。
クリスマスクリスマス、お正月と、イベンイベントトが目白押し。。
いいなぁ〜〜〜〜。
私には、何もないなぁバッド(下向き矢印)〜〜〜〜。

これも、仕方ないことなのでしょうね!
両親は、冬休みになると、私の怒鳴り声が毎日響くから、気をつけろちっ(怒った顔)・・・と孫(子供達に言っているのを、聞いてしまった)
そうさせるのは、この子達よ〜〜〜〜。
って、大声で言いたかった私です。
冬休みなんて、入りません。
ゆとり教育も、必要ない・・・・・ように思っている、私です。
posted by oteru. at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

転院終了

今日は朝から、義父の転院です。
終了しました。

また、要介護認定も決まっていました。
要介護認定、5!
今日の、介護タクシーも使えたのに・・・・(介護保険が・・・)。
全く・・・・・。

年齢的にも、もう義父の病状は良くならないだろう・・・というのに。
義理の姉は、早く良くなって・・・と言う。

そう、歩けるように・・・・とか、しゃべれるように・・・・とかを期待していおる。
顔からして・・・・・良くなろうとしていない義父。
また、認知症も心配。(すでに・・・・・って感じ!)

まぁ〜、一日しゃべることもなく、TVも見ず・・・・ぼ〜〜〜〜っとベッドの上。
そうにもなりますかなぁ〜。

私自身、あまり感知しないように・・・・って思い始めています。
posted by oteru. at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

転院です。

倒れてから、約5ヶ月。
義父の状態は、かわらない・・・というか、かわろうという努力もしません。
そんな義父は2ヶ月しか経っていないのに、転院です。
このままだと、病院のたらい回し。
はぁ〜。
まぁ〜、家族が最初から在宅介護は拒否していますからね!

我が家はやはり、無理です。
療養型の病院の縮小・・・といいますが、気管支切開の義父はタン吸引が医療行為なので、なかなか施設も見つかりません。

本当にどうなっていくんでしょう?
posted by oteru. at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

久しぶり〜。

今日は義父の病院へ、久しぶりに顔を出した。

久しぶりに、見る義父、何だか・・・・
目がうつろで、本当に病人って感じ。
もう何ヶ月も声を聞いていない。
又、夫が自分で体を起こす事が出来るか?
と、問いかけに、首を横に振った。
そう、起きようという気がないのだ。
はぁ〜。
本当に、寝たきり状態になって、しまったようだ。
今、施設?病院?(受け入れてもらえる所)を探しているようだが、それも難しい。
義理の姉が見るように(在宅介護)なると思うんですが・・・・
嫁の立場では、いろいろ言えません。
難しい、問題です。
どうなるんでしょうかね!?
posted by oteru. at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

TVで!

愚痴になりますので、お気に触る方はスルーして下さい。
息子は今日から学校へ行きましたが、今日は4時間なので、2時頃には帰ってきます。

昨日TVを見ていて・・・
高血糖で糖尿病はもちろんの事・・・
アルツハイマーも引き起こす事があるそうな。

バァバは糖尿病予備軍、定期的に血液検査をしてはいますが・・・・
かかりつけ医も、来年65歳の母に、そろそろ、いろんな検査をしましょうね!
といったそうだが・・・・(甲状腺とか・・・)
まだ、若いのだが・・・・若いが老人性難聴をいい事に、家事すべてを基本的に放棄している、・・・・というか、自身の事のみ。
遊んで帰って来る、父のことを思い切り、怒っている。
自身も父から教わり、遊んでるんですよ、それは置いといて、そこはやはり女ですからね、父も夕方5〜6時くらいには母に帰るように言うそうな。。。

家に帰ってくると、『ゴメン』といって、キッチンにくる母。
それも、なんだか最近疲れます。
前にも書き込みましたが、食器は洗っても、お鍋が洗ってなかったり・・・・。
今朝がそうでした。
昨日のポトフのお鍋がそのまま。
まぁ〜、父が食べたんだと、思っていたのですが・・・・冷蔵庫の中でポトフの残り発見。
今日のお昼に私が食べる事になるでしょう。

御飯も何合炊くのか、常に確認されます。
先日は、レタスが2個って事もありました。
最近冷蔵庫の中を確認せず、買い物に行く母。
リサイクルゴミなんかも、ちゃんと納戸(室内)にわけてあるんですけど・・・いっこうにしてくれません。
置きっ放し。
核家族の時より、大変かも???
って思うように、なってます。
本当は、働きたいのに・・・・。
(母は、私に働きなさい!って言いますけど・・・・・玄関チャイムのピンポーンにも出てくれないのに・・・どうやって???って感じなんです。)
働けそうにありません。
すごい、ストレスを感じてます。
今も、大人4人家の中で、それぞれの時間を過ごしているんですけど・・・もうすぐ、お昼。
作りたくな〜い。
昼食が何か?確認してから食べるか食べないかを言う父。
昼食はいつも、コンビニの母。(一時過ぎという昼食)
まぁ〜、夫は適当に私と同じ物を食べてます、はぁ〜〜〜〜〜。
こんなに、いいお天気なのに・・・気分は最悪。
posted by oteru. at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

いよいよ・・・。

今日、無事、胃ろうを作る手術を行なう事が、出来ました。
小さな、胃のびらんは見つかったそうなんですが・・・・
潰瘍とかと、いうものではなかったそうです。

手術後、手の抑制を嫌がった義父。
看護士もわかってくれたらしく・・・つなぎの衣服で手の抑制解除です。
義父は納得してくれました。

これからは、施設探しです。
時間がかかる事は、承知していますが、介護する事を拒否している、同居家族。
私達は何も言えません。

又報告しますね!
posted by oteru. at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

19日!

金曜日、19日に胃ろうの手術予定となりました。
手術自体はとても、簡単なものなんだそうです。
20〜30分程度で済むと、言われました。

ただ、胃に潰瘍やガンが見つかった場合は、手術中止となるとの事。
はぁ〜〜〜。

まぁ〜、患者の部屋での手術説明だったのですが
わかっているのか、わかりませんが・・・・義父自身、起きて聞いていた。

同居家族、全員が自宅介護は無理と、キッパリ。
現実は、そういうものなんですね!

でも、我が両親は自宅介護を望んでおります。
こんな日が来なければいいと、折に願って止みません。
今、父は70歳。
後、10年もすると介護は切実な問題なのかも・・・・・。
posted by oteru. at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

報告!

義父の今後の方針が決まりました。

結局、施設へ・・・・と言う事になりました。
もちろん、これから探す訳ですが・・・・
さらに、すぐに見つかるとも思えないのですが・・・・。
義理の姉が介護が出来ないと言っていたそうです。
私達夫婦はそれに従うだけです。

我が家にも、2人高齢者を抱えているからです。
もちろん、今は元気ですが、明日に何が起きるかわからない世の中ですからね!

只今、私自身、こういう事について勉強中だと思って取り組みます。

一日も早く施設が見つかる事を祈っていたいと思います。
posted by oteru. at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

頭にきます。

ここでは、同居している我が親との一コマです。
愚痴になると思いますので、お気に触る方はスルーして下さい。

珍しく、お風呂に入った父。
(心臓に不整脈を持っている父、2〜3日に一回のペースで入ります。)

お風呂から上がって間もなく、私は呼びつけられ、
『お湯が出ないのは、どういうことかちっ(怒った顔)???』
・・・・と、いきなり怒られた。

私は訳が分からず、よ〜く話を聞くと、
シャワーからお湯が出ないという。
でも、今迄は、ちゃんとお湯が出ていた訳だから・・・。
と思い、お風呂場へ。

そう、お風呂掃除の際、シャワーの温度を水にしていたのを私が忘れたのだ。

(シャワー周辺を)いろいろ触って考えれば、わかりそうなものなのだが・・・・・。

オール電化にしたことが、気に触るのか。。
ほら見た事か?グッド(上向き矢印)
どこかおかしいんじゃないか?
と、くってかかる。ふらふら
大人げない。
人騒がせな!!!
まぁ〜、説明してわかってもらったんですが・・・・。
嫌みに、『水で頭を洗ったぞ。死ぬかと思ったぞ。。。』
ですって。
普段、入らないからだ〜〜〜。(私の心の叫び!)

母は母で、すべてのチェックは(玄関等の鍵掛け、炊飯器やお風呂等切り忘れがないか?)私に回ってきているのだが・・・・。
今日は、珍しくある程度、母がしてくれていたのだが・・・・
(すごく、誇らしげ!)

そんな母からも、『TVがついていたよ。』
って言われました。
そう、ビデオ等を見る時に、かえますよね。
(画像が移っていない)その状態です。

これも、わかりそうな事なんですが・・・・。
『子供達にちゃんと、消すことを教えなさい』
ですって。。。
今日はたまたま、忘れただけだよ。普段は大丈夫です〜。。。って言いたい衝動にかられました。

はぁ〜〜〜〜〜。
次から次へと、まぁ〜よく言えます。
普段はな〜んにも言わないくせに!
溜め込んでるんですかね?

母は、耳の聞こえが良くない事を、言い訳にして、玄関のチャイムすら出てくれないのに・・・。

また、一人で家家にいるのが、嫌なのか・・・・一人になりそうだと、父の所へ行きます(私がいてもですよ)。
出て行くと、2人共時間を忘れます(携帯を持たせようと、主人と相談中)。

この先の事も心配です。
母は、料理の味付けが、まちまちになって来ています。

娘は、和食はバァバ、洋食はママね!ですって。。。
的を得た言葉でした。
長々と愚痴をカキコしてしまいました。
申し訳ありません。
共感して下さる方、有り難いです〜〜〜。
posted by oteru. at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

はぁ〜。

周りから聞くのはちょっと・・・・・。
そう、義母の件。
義父が倒れてから、3ヶ月が経ちました。
木曜日には、近くの病院へ転院も決まりました。
ご近所の皆さんは、日増しに父の病状を心配してくれています。

それなのに・・・・・母ときたら皆に父のいけない所を言うそうなんです。
皆さん、倒れてしまってから・・・・そんな事言って・・・・って感じのようです。
私達家族も帰って来た、お父さんにそう言う事は言ってはダメだよ。
と、言っても聞く耳を持ちません。

そういうことばかりしていると、自身に返ってくると思うのですが・・・・。

倒れた父は元気の時の父とは違いますもん。
なかなかわかってもらえません。

連れ添って50年、日々積もりに積もった感情があるようですが・・・・今、それを言っても仕方ありません。

ここから先は、もう父には優しくする他ありませんもん。
介護という問題、難しく厄介なようです。
posted by oteru. at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

いい感じ〜。

義父の病院へ夫と共に行ってきました〜。
顔色もよく・・・・。
いい感じです。

気管支切開しているので・・・・声にはならないのですが・・・
自由のきく、右手でしきりに何かを伝えようとして居ます。

何かと思ったら・・・・・人差し指、中指を二本口元へ・・・・。
そう。。。
タバコが吸いたい・・・と言っているよう。
ダメ!
って言ったら・・・・しょげていました。

そんな事したら、死んじゃうよ!!!
って感じです。

リハビリ説明では、週3日お風呂に入り、週4回リハビリ実施。
ベッドにじっと寝ていると言う事は、あまりないそうです。

なので、夜はぐっすり眠れているようです。
ただ、鼻からのチューブをよく抜くそうです。(看護士の話:笑)
なので、経管栄養の際は手の抑制をすると、言われました。
仕方ありませんね!

転院も、希望病院のベッドが空きしだい・・・ということで了承が得られました。
(後は、待つだけです!)
posted by oteru. at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

物忘れ?

同居している、母親の物忘れが気になる・・・・と父から言われた。

(旅行の時に持って行った、カーデガンがない。・・・と言ってみたり、病院の予約日を忘れたり・・・・。)

という具合らしい。
父自身が私に、『注意してくれ・・・・』って言うんです。
どう?注意したらいいのやら・・・・。

また、何でもいいから、やりなさい。
と、父が言っても聞かないようだ。

家でも、寝ていたり・・・・TVを見ていたり・・・・ってぐらいしか。
たま〜に、料理したり・・・こんな感じで一日が過ぎていきます。

主人が言うんです。
このまま、『ママは働かないんじゃないかなぁ〜』
不吉な事を言いますよね!
でも、何だかそんな感じになりそうで・・・・怖い。

そう、私自身働こう〜・・・・って考え出すと、いろいろな事が起こるんです。
はぁ〜。。。

またまた、報告しますね!
夫の両親、自身の両親、計4人面倒を見て行かなきゃいけないような???
posted by oteru. at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ありゃ〜!

GWが終了して、落ち着いたので、義理の母の所へ顔を出した。

人工透析は大型連休は、関係ないので・・・・。
久しぶりに、見た義母の顔。
顔色はいい感じ。
だが、開口一番、『人工血管が詰まって大変だった』と言う。
『痛いのなんのって・・・』
詰まってしまった物は、仕方ない。
これから、暑くなる夏、血管は詰まりやすくなる。
普通の人ですら、水分不足で、血液がドロドロになるというのに・・・・・。


ただ、夏本番を向かえるにあたって、(水分、食事制限がある以上、守らなくてはならない)あまり、水分が欲しくならないように、エアコンなどで、部屋を冷やしたほうがいいと伝えた。
すごく、納得していた、義母。
食事の管理している、義理の姉(これは、有り難い)。

めっきり、ベッドの上が多くなった義母。
少しは外気浴をした方が、いいんだけどなぁ〜、と思う私です。

posted by oteru. at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

怪我??

昨日、母が玄関先ですっ転んだようです。
それも、地震の直後。
そう、私は母が外にいた事も知らなかったんですが・・・・
部屋に入って来た母は、転んだ事を私に告げた。

すでに頭は(後頭部なんですが)たんこぶが出来ていました。
まぁ〜、たんこぶが出来たんで大丈夫だとは思いましたが・・・・一応気分が悪くならないかだけ、気にするように言っておきました。
それよりも、お尻が痛いんだとしきりに言うんです。

そう・・・・・どうやら、サンダルで滑って転んだそうですが、真っ逆さまに転んだようで・・・・。
我が家の玄関を出ると、1〜2歩で外に階段が3段。

どうしたら、そういう転び方になるのか、わかりませんが・・・・。
今日はお尻の所に湿布をしているそうです。
治るのに、時間がかかりそうだと、自身で言ってます。

また、その転んだ場所にはプランタがおいてありました。
植物が少し、折れていました。(あ〜〜〜ぁ)
というより、母の心配をしなくてはいけないのかな?(笑)

まぁ〜、とりあえず大丈夫でして・・・・座ったり、立ったりが大変なようです。
(イタッタタッとしきりに言ってます。)
posted by oteru. at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 両 親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner1.gifこのバナーは骨髄バンク様とのリンクバナーです。興味をもっていただけましたら、バナーをクリックして下さい。 また、日本臍帯血バンクネットワーク様のHPはこちらから
このブログでは、アフェリエイトプログラムを利用して、管理人のおすすめ商品を、紹介しておりますが、実際の商品のご購入に関しましては、お客様とリンク先のホームページの管理人とのお取引きとなります。お取引にあたりまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。